イメージ画像

理由1 1回のレッスンに多人数というレッスン体制

ここで、あなたに質問があります。

あなたは、ヒップホップダンスを習うことのできるスクールもしくはスタジオで、 レッスンや体験レッスンなどを受けたことはありますか?

そして、ヒップホップのレッスンを受けて、 そのレッスンに対してレッスン料の価値を感じ、 100%のプラスを感じることはできたでしょうか?

実は多くの場合、実際のダンスレッスンでは、 先生へ質問をする機会もあまりなく、 あくまで業務的にカリキュラムを淡々と進んでいくレッスンに、 不完全燃焼で終わっているケースがほとんどなのです。
では何故、このような事が当たり前におきているのでしょうか?
それは、今までのダンススクールが、 【大人数の生徒に対して、1人の先生が教える】 という間違った体制が一般化されてしまっているからなのです。

通常ダンススクールのレッスン時間は90分ですが、 ヒップホップダンスの場合、肝心の振り付けまでに、
ストレッチ 【準備運動】→【ストレッチ】→【アイソレーション】→【リズム取り】の、最低でも4項目を行います。

先生によっては、筋力トレーニングや コアトレーニングを取りいれている方もいるので、 90分というレッスンの時間の中で、 かなりの時間を浪費してしまうのです。

これがマンツーマンの個人レッスンならば問題ないのですが、 【1人 対 大勢】のレッスンになってしまうと、 与えられた少ない時間で、先生はたった1人で大勢を 相手にするわけですから、1人1人にしっかりと目が行き届くわけがなく、 1人1人に丁寧な指導をすることも、1人1人から意見や疑問を聴くことも出来ないのです。

こういったことから、自分のイメージ通りの上達ができず、 自信をなくし、ダンスの世界から去っていくのです。

そうです。 本当に悪いのは、 先生の教え方でも、その人の才能でもなく、 ビジネスとして常識とされてしまった その【非常識なレッスン体制】なのです。

ですので、 もし、今あなたがダンススクールでヒップホップを習っているにも関わらず、想うように上達していないと感じている ならば、今すぐスクールを辞める事をお薦めします。

ヒップホップダンスを習うのに、 スクールやスタジオに通う必要はまったくないのです。

サブコンテンツ
トップページへ

このページの先頭へ